☆  更 新  ☆

【速報・お知らせ・報告】

11/19【速報】全日本クラス別選手権大会・全日本パフォーマンス大会の結果をアップしました。

11/19【速報】2022年度日本学生けん玉連盟 主催大会①の結果をアップしました。

11/16【お知らせ】第47回全日本けん玉道もしかめ選手権大会 奈良・生駒会場の上限時間が4時間に延長されます。

10/26【お知らせ】第36回関西けん玉道選手権大会の案内をアップしました。

10/19【お知らせ】第47回全日本けん玉道もしかめ選手権大会 京都・木津川会場の会場と上限時間が変更になりました。

10/01【お知らせ】第47回全日本けん玉道もしかめ選手権大会 関西会場の案内をアップしました。

09/26【報告】わくわく関西けん玉夏まつりの結果データをアップしました。

 

 

【関西のけん玉教室】 

22/07/31 各教室のページを更新しました。

【関西のけん玉大会】

22/05/20 2022年の大会予定を作成しました。

facebookページでも更新しています→「日本けん玉協会関西ブロック

☆  お知らせ  ☆

第36回関西けん玉道選手権大会のお知らせ

第36回関西けん玉道選手権大会

開催日:2022年12月4日(日)10時15分開会(開場9時30分)

場所:大阪市立西成区民センター ホール(〒557-0041 大阪市西成区岸里1-1-50)

交通①:大阪メトロ四ツ橋線 岸里駅より徒歩1分

交通②:大阪メトロ堺筋線、南海本線・高野線天下茶屋駅より徒歩5分

参加費:幼児・小学 800円  中学・高校 1,000円  大学・一般 1,500円

連絡先:日本けん玉協会関西ブロック事務局 工藤 080-1446-1668、babylon1997@gmail.com

主催:日本けん玉協会 関西ブロック

 

★参加申し込み

・事前申し込み制となります。

・申込用紙に必要事項を記入し、11月26日(土)までに提出をお願いします。

 

★団体の部について

・今年は開催します。

・関西ブロック会議で変更予定と案内しましたが、今年は前回開催と同じ内容で行います。

第36回関西けん玉道選手権大会 大会要項.pdf
PDFファイル 1.0 MB
第36回関西けん玉道選手権大会 参加申込書.docx
Microsoft Word 64.8 KB
第36回関西けん玉道選手権大会 参加申込書.pdf
PDFファイル 541.9 KB

第47回全日本けん玉道もしかめ選手権大会(関西地区)のお知らせ

10月から11月にかけて開催します。関西2府4県は各1会場の合計6カ所です。

・居住地域等に関係なく、1人1回どの会場で参加してもかまいません。ただし、居住地域等については参加制限を設けている会場はその限りではありません。

・会場施設への直接の問い合わせはご遠慮下さい。

・詳細はPDFデータか画像データをご参照ください。

(10月19日更新)もしかめ選手権の京都府木津川会場ですが、会場が州見台1・2丁目集会所に変更となりました。また、会場変更に伴い上限時間が3時間となります。

(11月16日更新)もしかめ選手権の奈良県生駒会場ですが、上限時間が4時間に延長となりました。

第47回全日本けん玉道もしかめ選手権大会 大会要項-関西1116(奈良差替).p
PDFファイル 1.2 MB

第47回全日本けん玉道もしかめ選手権大会 参加申込書-関西0930.xlsx
Microsoft Excel 16.3 KB
第47回全日本けん玉道もしかめ選手権大会 大会要項-関西0930.pdf
PDFファイル 1.2 MB

メディア掲載のご案内

全日本けん玉道選手権2連覇の山本朱莉さんが毎日新聞の記事になりました。

下記リンク先より、ぜひ記事をご覧ください。

https://mainichi.jp/articles/20220730/k00/00m/040/036000c

☆  速  報  ☆

第20回全日本クラス別けん玉道選手権大会

第18回全日本けん玉パフォーマンス大会

2022年10月9日(日)愛知県名古屋市・稲永スポーツセンター 第2競技場で開催されました。主催は公益社団法人 日本けん玉協会です。新型コロナウイルス感染症の影響で過去2年中止のため、今回3年ぶりの開催となりました。

全日本クラス別選手権大会は、予選の結果によりクラスが振り分けられる「実力クラス別」の形式で行われ、全国から159名が大会に参加しました。関西のメンバーは全てのクラスで入賞しました。最上位のSAクラスの優勝は兵庫県の山本朱莉さんでした。パフォーマンス大会は16組の参加があり、大阪府の小川大賀さんがグランプリを獲得しました。2016年、2018年、2019年に続く4度目のグランプリです。

【第20回全日本けん玉道クラス別選手権大会 結果】参加者159名

【SAクラス】

優勝:山本朱莉(兵庫・高1)準優勝:加藤未羽(滋賀・中3)、第3位:松冨裕輝(広島・中3)

【Aクラス】

優勝:田宮優汰(大阪・小6)準優勝:羽田拓(兵庫・小5)第3位:川本凌雅(大阪・小5)

【Bクラス】

優勝:堀川実夢(兵庫・中1)準優勝:峰元悠志(兵庫・小5)、第3位:杉原樹(岐阜・小3)

【Cクラス】

優勝:下村優輝(大阪・小3)、準優勝:塚原正紀(愛知・小2)、第3位:稲垣結音(静岡・小3)

【Dクラス 】

優勝:藤木悠睦(大阪・小3)準優勝:堀川夢花(兵庫・小3)第3位:西本吉孝(兵庫・小4)

【Eクラス】

優勝:黒川萌々花(兵庫・小3)、準優勝:吉岡翔(愛知・小2)、第3位:飯森千種(長野・一般)

【Fクラス】

優勝:下村ひかり(大阪・小1)、準優勝:斉藤由里子(静岡・小2)

 

【第18回全日本けん玉パフォーマンス大会 結果】参加16組

グランプリ 川大賀(大阪) 演技タイトル「生業」

準グランプリ 藤井美月(東京) 演技タイトル「Identity」

敢闘賞 渡邉優太(神奈川) 演技タイトル「和風と二刀流」

審査員特別賞 下山雄大(神奈川) 演技タイトル「JugKen(ジャグケン)」

2022年度日本学生けん玉連盟 主催大会①

2022年9月23日(金・祝)かながわ県民センターにて開催しました。主催は日本学生けん玉連盟です。

【第31回全日本ユースけん玉道選手権大会 結果】参加者18名

優勝:尾畠琴真、準優勝:田嶋朗、第3位:小川大賀、坂井天翠

【第36回全日本学生けん玉選手権大会 結果】参加者8名

優勝:井上安弘、準優勝:小川大賀、第3位:酒井七星、坂井天翠、種目提示賞:「バランスできるかな?」坂井天翠

【第23回全日本フリースタイル選手権大会 結果】参加者23名

優勝:田島朗、準優勝:加野駿弥、第3位:尾畠琴真、井上安弘、種目提示賞:「火縄銃片手ひっぱり中皿」町田諭史

【第23回全日本けん玉年代別選手権 結果】参加者26名

優勝:井上安弘、準優勝:山本朱莉、第3位:向井智哉、井出穏

社会人優勝:井上安弘、学生優勝:山本朱莉

2022①_学連結果.pdf
PDFファイル 610.1 KB

☆  報  告  ☆

第34回全日本少年少女けん玉道選手権大会

2022年8月28日(日)、東京・池袋サンシャインシティ噴水広場 特設会場にて、第34回文部科学大臣杯 全日本少年少女けん玉道選手権大会が開催されました。地区予選を勝ち抜いた代表選手が小学生けん玉日本一を目指しました。

関西ブロックからは、北関西地区代表 【男子】羽田拓(兵庫県)と【女子】柿塚虹芭(滋賀県)、南関西地区代表【男子】田宮優汰(大阪府)と【女子】丸野楓佳(大阪府)が出場しました。

女子の部は丸野楓佳さんが昨年に続いての出場。昨年初戦敗退の悔しさをバネに練習の成果が実を結び、悲願の初優勝を果たしました。田宮さんと柿塚さんはともに初出場で4位。羽田さんは一回戦が田宮さんとの関西対決の試合となり初戦敗退でした

【全日本少年少女けん玉道選手権大会~文部科学大臣杯~ 結果】

★男子の部

優勝:坂田楓太(北部九州地区・5年)、準優勝:山田啓翔(北陸・甲信越地区・5年)、第3位:後藤佳緯(西東北地区・5年)

★女子の部

優勝:丸野楓佳(南関西地区・6年)、準優勝:佐藤亜美(東中国地区・6年)、第3位:内間珠那(東海地区・5年)

YouTube配信 女子の部決勝戦は3:36:20頃~

JKAワールドオープンけん玉フェスタ2022

7月18日(月・祝)東京・大田区産業プラザPIOコンベンションホールにおいて、JKAワールドオープンけん玉フェスタ2022が行われました。下記大会の他に、クラス別チャレンジ、もしかめ大会、けん玉教室、ゲームコーナー、工作コーナーがありました。

 

【世界けん玉道選手権大会~藤原一生杯~ 結果】参加25名

優勝:鷲尾英政(五段・高校3年・兵庫県)、準優勝:山本蒼大(五段・中学1年・兵庫県)、第3位:田嶋朗(六段・一般・東京都)

 

【小学生けん玉大会 結果】

★初心者クラス

優勝:山田将悟(準初段・小学1年・東京都)、準優勝:金山よし乃(準初段・小学5年・東京都)、第3位:實藤聡一(準初段・小学1年・神奈川県)

★有段者クラス

優勝:峰元悠志(三段・小学5年・兵庫県)、準優勝:羽田拓(三段・小学5年・兵庫県)、第3位:岡村叡汰(三段・小学4年・静岡県)

★名人クラス

優勝:榎本弥音(四段・小学6年・兵庫県)、準優勝:丸野楓佳(五段・小学6年・大阪府)、第

3位:山田悠悟(五段・小学5年・東京都)

わくわく関西けん玉夏まつり2022

7月10日(日)大阪市立浪速区民センターにて開催しました。来場者は大会選手・スタッフ・観客を合わせて173名でした。

20歳以上社会人対象の関西けん玉道サマートライアスロンでは、けん玉の技・タイム競技B(三段以上対象)・もしかめを得点化して合計点で競いました。

関西けん玉道サマーチャンピオンは、今年より関西四天王杯の1つ【玄武杯】が割り当てられ、全日本選手権の技を中心にリーグ戦から決勝トーナメントの形式で試合機会を増やす工夫をしました。またリーグ順位別トーナメントにより誰でも表彰のチャンスのある大会として行いました。

今年は関西けん玉道サマーチャレンジを新たに追加、けん玉の技ともしかめを得点化して記録会を行いました。得点により景品が当たるチャンスがあり、得点の下一桁が「8」点だった選手にはオリジナルけん玉グッズをプレゼントしました。

関西けん玉舞台パフォーマンスは、出場団体ごとに1~3つの技を披露しました。昨年より出場団体も増えてにぎわいに華を添えてくれました。各ブースではけん玉グッズ展示コーナー・級段位認定会・手作りけん玉工作・けん玉デザインコーナーを開催。各ブースは当日参加が可能でしたので認定会に訪れる方もいらっしゃいました。

 

【関西けん玉道サマートライアスロン 結果】 5部門合計 参加27名

★マスタークラス 

優勝:阪井茂(松原フレンズ)、準優勝:上田康治(松原フレンズ)、第3位:中川和子(松原フレンズ)

★準初段クラス 

優勝:後藤祐貴(貝塚いぶき)、準優勝:森和郎(いこま)、第3位:山川舞(いこま)

★初・二段クラス 

優勝:廣常知子(高槻城内)、準優勝:渡邉和宏(このはな広場)、第3位:平野和子(大阪道場旭)

★三・四段クラス 

優勝:戸川夏生(貝塚いぶき)、準優勝:木原秀喜(貝塚いぶき)、第3位:岸本憲治(高槻城内)

★五段以上クラス 

優勝:向井智哉(和歌山北)、準優勝:重木洋(個人)、第3位:加藤真理子(大阪道場阿倍野)

 

【関西けん玉道サマーチャンピオン 結果】 参加17名

★リーグ1位トーナメント【玄武杯】

優勝:岸本唯愛(高槻城内)、準優勝:鷲尾英政(伊丹)、第3位:山本朱莉(伊丹)・加藤未羽(大阪道場阿倍野)※3位決定戦は行わないため2名表彰。ベスト6:山本蒼大(伊丹)、川本凌雅(大阪道場旭)

★リーグ2位トーナメント

優勝:橋本苗咲(伊丹)、準優勝:榎本紗奈(伊丹)

★リーグ3位トーナメント

優勝:笠川佑希乃(個人)、準優勝:堀川実夢(伊丹)

 

【関西けん玉道サマーチャレンジ 参加者】 5部門合計 参加58名

★ビギナークラス 参加13名

★ノーマルクラス 参加16名

★ハードクラス 参加7名

★エキストラ文部クラス 19名

★エキストラ段クラス 3名

 

【関西けん玉舞台パフォーマンス 結果】 参加7団体

★わくわく夏まつり大賞 

団体名:北摂教室、演目:超ビッグふりけん 髭男三人衆

★エンジョイ賞 

団体名:高槻城内けん玉クラブ、演目:もしかめリレー

★ユーモア賞 

団体名:北大阪けん玉クラブ、演目:ハイパー竹とんぼ・きれいに回そう!!

★ナイスアイデア賞 

団体名:このはなけん玉広場、演目:ギネスだよ、全員集合

★ダイナミック賞 

団体名:けん玉サークル たこやき一丁、演目:ティラノvs地球防衛軍

★チームワーク賞 

団体名:いこまけん玉クラブ、演目:ひびけ!!大仏の和

★テクニック賞

団体名:大阪けん玉道場 住吉教室、演目:「けん玉が好き♡」

20220918_わくわく関西けん玉夏まつり-結果報告.pdf
PDFファイル 728.8 KB

選抜小学生けん玉道選手権大会2022

7月9日(土)奈良・生駒山麓公園ふれあいセンターにおいて、選抜小学生けん玉道選手権大会を開催しました。文部タイム競技2015を競う「スピードトーナメント」と実績に応じ3部門に分けた「技トーナメント」を行いました。全日本少年少女けん玉道選手権大会の本大会に向けた実践経験、次年度に向けての対戦経験、最終学年での悔しい思いをした選手のリベンジ…。個々の思いを胸に大会に参加してくれました。また、審判も実践を通しての経験を重ねることができました。

遠方からの参加の方もいらしたので、施設で宿泊された方で晩はけん玉を通して楽しい交流の時間を過ごしました。

実行委員会制での開催で多方面からの協賛をいただき、有意義な大会となりましたことにこの場をお借りして感謝申し上げます。

第34回全日本少年少女けん玉道選手権大会 南関西地区代表選考会

6月12日(日)に大阪市・浪速区民センターで第34回全日本少年少女けん玉道選手権大会 南関西ブロック(大阪府、奈良県、和歌山県)代表選考会が行われました。

【全日本少年少女けん玉道選手権大会 南関西地区代表選考会 結果】

★女子の部 参加20名 予選通過ライン42点(50点満点)

優勝:丸野楓佳(北大阪・6年)、準優勝:溝端唯歩(貝塚いぶき・6年)、第3位:溝端結希(貝塚いぶき・4年) / 松下鈴(北大阪・6年)、敢闘賞:四宮優楽(阿倍野・3年) / 後藤遥果(貝塚いぶき・4年) / 有村莉緒菜(高槻城内・5年) / 遠藤歩花(高槻城内・5年)

選評:予選は50点満点が3名。決勝は丸野楓佳さん溝端唯歩さんの対戦。丸野さんが3種目目で1本を取って1-0で優勝。2年連続の代表選出を決めました。

 ★男子の部 参加21名 予選通過ライン45点(50点満点)

優勝:田宮優汰(大阪CITY・6年)、準優勝:川本凌雅(大阪旭・5年)、第3位:四宮楽生(阿倍野・6年) / 下村優輝(高槻城内・3年)、敢闘賞:鈴木凪翔(貝塚いぶき・5年) / 金澤明紀斗(和歌山北・6年) / 植山ラティーフ孔明(松原・6年) / 山川諒(いこま・4年)

選評:予選は50点満点が2名。決勝は川本凌雅さんと田宮優汰さん。田宮さんが2種目目で1本を取って1-0で優勝。2年連続準優勝を乗りこえ、最終学年で初めての代表選出を決めました。

優勝者の丸野さん、田宮さんは南関西ブロックの代表として、8月28日(日)に東京・池袋サンシャインシティ噴水プラザで行われる全国大会に出場。大阪・奈良・和歌山の応援を受けて、代表としての活躍が期待されます。

第34回全日本少年少女 南関西代表選考会 結果.pdf
PDFファイル 294.0 KB

第34回全日本少年少女けん玉道選手権大会 北関西地区代表選考会

6月5日(日)に兵庫県・伊丹市立きららホールで第34回全日本少年少女けん玉道選手権大会 北関西ブロック(兵庫県、滋賀県、京都府)代表選考会が行われました。

【全日本少年少女けん玉道選手権大会 北関西地区代表選考会 結果】

★女子の部 参加8名 予選全員通過

優勝:柿塚虹芭(滋賀・5年)、準優勝:榎本弥音(伊丹・6年)、第3位:大西悠可(滋賀・2年) / 長谷川柚月(滋賀・6年)、敢闘賞:下林蘭(姫路・5年) / 木ノ本桜加(滋賀・6年) / 坂美沙希(滋賀・5年) / 大川未悠(滋賀・1年)

選評:予選は49点が最高点。決勝は柿塚虹芭さんと榎本弥音さんの対戦。榎本さんが1・4種目目1本を取って2-0と先行するも、柿塚さんは5・6種目目で1本を取りタイム競技勝負へ。柿塚さんが落ち着いて技を決めて3-2で大逆転優勝。初めての全国出場を決めました。

 ★男子の部 参加18名 予選通過ライン38点(50点満点)

優勝: 羽田拓(伊丹・5年)、準優勝:峰元悠志(伊丹・5年)、第3位:金丸颯斗(滋賀・5年) / 大川貴裕(滋賀・5年)、敢闘賞:石本翔(滋賀・6年) / 村上奏斗(姫路・5年) / 杉本謙臣(北摂・2年) / 古谷直暉(滋賀・4年)

選評:予選は50点満点が1名。決勝は峰元悠志さんと羽田拓さん。羽田さんが2種目目1本を取るも、峰元さんが4種目目1本を取り返し追いつく。羽田さんは5・6種目目1本を続けて取り3-1で優勝。初めての全国出場を決めました。

優勝者の柿塚さん、羽田さんは北関西ブロックの代表として、8月28日(日)に東京・池袋サンシャインシティ噴水プラザで行われる全国大会に出場。京都・滋賀・兵庫の応援を受けて、代表としての活躍が期待されます。

第34回全日本少年少女 北関西代表選考会 結果.pdf
PDFファイル 231.2 KB

第44回全日本けん玉道選手権大会

5月29日(日)東京都大田区の産業プラザPiOコンベンションホール鶯において、第44回全日本けん玉道選手権大会が行われました。新型コロナの影響があり、3年ぶりの開催となりました。山本朱莉さんが前回に続いて2連覇を果たしました!橋本苗咲さんは中1で初出場での準優勝でした。

【第44回全日本けん玉道選手権大会 結果】

優勝:山本朱莉(高校1年・兵庫県)準優勝:橋本苗咲(中学2年・兵庫県)、第3位:田嶋朗(一般・東京都)

第20回琵琶湖杯けん玉道選手権大会【参加対象:滋賀・京都】

5月1日(日)草津市立玉川小学校体育館にて開催しました。20回の節目を迎えた記念大会でした。

【第20回琵琶湖杯けん玉道選手権大会 結果】参加合計53名+匠の部22名

★段の部 参加17名 予選通過8名 通過ライン22点(30点満点)

優勝:加藤未羽(草津)、 準優勝:原田旺典(大津)、 第3位:柿塚虹芭(草津)

★上級の部 参加21名 予選通過8名 通過ライン23点(30点満点)

優勝:古谷直暉(野洲)、準優勝:石本翔(甲賀)、第3位:南煌大(野洲)

★初級の部 参加15名 予選通過8名 通過ライン26点(30点満点)

優勝:坂憲伸(甲賀)、 準優勝:前田晴士朗(甲賀)、 第3位:小栁美蔵(草津)

★匠の部 参加22名 15種目2回ずつ30点満点

優勝:加藤 未羽 25点

第20回琵琶湖杯けん玉道選手権大会 結果.pdf
PDFファイル 116.3 KB

第4回関西けん玉道スプリングカップ【初心者・中級者向け】

第20回けん玉道関西グランプリ2022【参加対象:近畿2府4県。上級者向け】

春の級・段位認定会2022

4月24(日)大阪市立浪速区民センターにて開催しました。午前はスプリングカップ、83名の参加があり5つの部門に分かれて競技を行いました。午後は上級者向けの関西グランプリ、24名の参加者が2つの部門に分かれて競技を行いました。Aクラス優勝の尾畠琴真さんは5月に開催される全日本けん玉道選手権の本選シード枠を獲得しました。また、春の級・段位認定会は5名受審されました。

【第4回関西けん玉道スプリングカップ 結果】参加合計83名

★初心者の部 (小学生以下) 参加15名 8位入賞ライン41点(50点満点)

優勝:後藤里沙(48点・高槻城内)、準優勝:森百花(44点・高槻城内)、第3位:二谷晄樹(44点・北摂)

★中級者の部Ⅰ  参加16名 8位入賞ライン39点(50点満点)

優勝:宮武佐ちえ(48点・住吉)、準優勝:西本吉孝(47点・伊丹)、第3位:高谷茉那(45点・高槻城内)

★中級者の部Ⅱ  参加32名 8位入賞ライン39点(50点満点)

優勝:金丸颯斗(49点・滋賀玉川)、準優勝:長谷川柚月(47点・滋賀玉川)、第3位:大西悠可(48点・滋賀玉川)

★社会人の部  参加16名 8位入賞ライン36点(50点満点)

優勝:加藤真理子(45点・阿倍野)、準優勝:嶋田孝司(41点・高槻城内)、第3位:戸川夏生(38点・貝塚いぶき)

★マスタークラス  参加4名 全員入賞(50点満点)

優勝:阪井茂(40点・大阪CITY)、準優勝:福嶋教代(33点・松原シニア)、第3位:都築茂子(26点・松原シニア)

【第20回けん玉道関西グランプリ 結果】参加合計24名

★Bクラス (二段以上、小学生以上) 参加8名 予選通過8名 予選全員通過(24点満点)

優勝:丸野楓佳(北大阪)、準優勝:川本凌雅(大阪道場 旭)、第3位:松下鈴(北大阪)

★Aクラス (二段以上、中学生以上) 参加16名 予選通過8名 通過ライン18点(24点満点)

優勝:尾畠琴真(伊丹)、準優勝:鈴木茉夢(伊丹)、第3位:鷲尾英政(伊丹)

第20回関西グランプリ2022 結果.pdf
PDFファイル 237.7 KB
第4回関西けん玉道スプリングカップ 結果.pdf
PDFファイル 691.4 KB

第38回日本けん玉協会杯争奪戦(JKA杯)

第8回日本けん玉協会ジュニア杯争奪戦(JKAJr杯)

公益社団法人日本けん玉協会主催で4月10日(日)に開催されました。

今回は関西会場と関東会場(東京)の2か所で並行して行い、成績の照合作業を経て順位を確定させました。関西会場は大阪市立東淀川区民ホールでした。

JKA杯は15位タイまでの予選通過で17人が決勝に進出。うち11名が関西会場でした。岸本唯愛さんが優勝、尾畠琴真さんの準優勝、加藤未羽さんが3位と、関西会場の選手がベスト3を独占しました。また年代別の成績は後日更新を予定しております。

JKAJr杯は15位タイまでの予選通過で16人が決勝に進出。うち9名が関西会場でした。榎本弥音さんが優勝、山本蒼大さんの準優勝、橋本苗咲さんが3位と、こちらは伊丹けん玉クラブの選手が活躍し、関西のレベルの高さを全国に示す大会となりました。

また、各大会の開催に先だって昨年行われた全日本けん玉道もしかめ選手権大会の表彰式も行われました。

【第38回日本けん玉協会杯争奪戦(JKA杯) 結果】参加者42名 予選20点・決勝50点満点の得点制

優勝:岸本唯愛49点(大阪府)準優勝:尾畠琴真49点(兵庫県)第3位:加藤未羽47点(滋賀県)

関西会場の入賞者…第4位:鷲尾英政47点(兵庫県)、第5位:山口美月47点(兵庫県)、第6位2名:山本朱莉46点(兵庫県) / 松冨裕輝46点(広島県)、第9位:鈴木茉夢46点(兵庫県)、第10位:大谷煌稀46点(徳島県)、第14位:榎本紗奈43点(兵庫県)、第15位:小霜真央43点(大阪府)

※決勝点数同点の場合は予選上位者が成績上位。JKA杯3位は成績同着のため規定により順位決定戦を行なった。

【第8回日本けん玉協会ジュニア杯争奪戦(JKAJr杯) 結果】参加者41名 予選20点・決勝50点満点の得点制

優勝:榎本弥音49点(兵庫県)、準優勝:山本蒼大49点(兵庫県)、第3位:橋本苗咲48点(兵庫県)

関西会場の入賞者…第4位:丸野楓佳45点(大阪府)第5位:岩田結仁44点(奈良県)、第6位:田崎このか44点(徳島県)、第7位:布井仁悠44点(大阪府)、第9位:溝端唯歩42点(大阪府)、第11位:羽田拓41点(兵庫県)

※決勝点数同点の場合は予選上位者が成績上位。