☆  更 新  ☆

【速報・お知らせ・報告】

01/15【お知らせ】第7回滋賀県少年少女けん玉道選手権大会の要項をアップしました。

12/26【速報】関西けん玉道選手権大会の報告・写真をアップしました。

12/26【報告】全日本少年少女けん玉道選手権大会本選の報告・写真をアップしました。

 【関西のけん玉教室】 

11/04 吹田けん玉クラブが開講!新規追加しました。

【関西のけん玉大会】

03/29 2月までの大会結果をホームから「関西のけん玉大会」へ移動しました。

facebookページでも更新しています→「日本けん玉協会関西ブロック

☆  お知らせ  ☆

第7回滋賀県少年少女けん玉道選手権大会【参加対象:滋賀の小学生】のお知らせ

第7回滋賀県少年少女けん玉道選手権大会

日時:2021年2月21(日)13時00分~16時00分

場所:草津市立志津小学校(〒525-0041 滋賀県草津市青地町827)

参加資格:滋賀県在住および滋賀県内の小学校に通う小学生男女

主催:日本けん玉協会 滋賀県支部

問い合わせ先:090-3728-8752(福井)

※状況によってはやむを得ず中止となる場合があります。

第7回滋賀県少年少女けん玉道選手権大会要項.pdf
PDFファイル 156.7 KB

☆  速  報  ☆

第34回関西けん玉道選手権大会

【関西四天王・白虎杯】

2020年12月13日(日)に第34回関西けん玉道選手権大会を此花区民ホールで開催しました。新型コロナウイルス感染症の対策としてマスク着用、アルコール消毒、3密対策、健康調査アンケートなどを施しました。初心者から全国トップクラスまで選手114名の出場がありました。関西でのオープン競技は今年度最初となり参加人数は前年より10名減でしたが熱気は例年と変わりませんでした。「関西を制すれば全国を制する」今年を締めくくる恒例の大会を終えました。

【第34回関西けん玉道選手権大会 結果】

★個人の部 (10級~5級の部) 参加19名 予選通過8名 通過ライン26点(30点満点)

優勝:松浪あかり、準優勝:堀川夢花、第3位:下村優輝、優秀賞:千住勇翔、四宮優楽、阿部光希、西本吉孝、四本桃華

 ★個人の部 (4級~準初段の部) 参加35名 予選通過16名 通過ライン26点(30点満点)

優勝:前田彩衣、準優勝:金丸颯斗、第3位:溝端唯希、優秀賞:羽田開、峰元悠志、江見理音、後藤遥果、栗田直幸

★個人の部 (初段~四段の部) 参加38名 予選通過16名 通過ライン26点(30点満点)

優勝:橋本苗咲、準優勝:丸野楓佳、第3位:山本蒼大、優秀賞:番匠谷瑞起、鈴木茉夢、榎本紗奈、前田優衣、田宮優汰

★個人の部 (五段以上の部) 参加22名 予選通過8名 通過ライン24点(30点満点)

優勝:新居和夏、準優勝:山本朱莉、第3位:山口美月、優秀賞:尾畠琴真、田嶋朗、松冨裕輝、有田希、岸本唯愛

 

第34回関西選手権結果.pdf
PDFファイル 54.3 KB
第34回関西選手権参加詳細-予選成績順HP.pdf
PDFファイル 60.9 KB

☆  報  告  ☆

第32回全日本少年少女けん玉道選手権大会

YouTube配信(準決勝以降) 女子の部決勝戦は1:09:20頃~

2020年11月22日(日)、東京・大田区産業プラザPiOのコンベンションホールにて、第32回 文部科学大臣杯 全日本少年少女けん玉道選手権大会が開催されました。地区予選を勝ち抜いた代表選手が小学生けん玉日本一を目指しました。今年はコロナ禍における大会会場および開催時期の変更やYouTubeでのリアルタイム配信など例年とは違う環境下での開催となりました。

関西ブロックからは、北関西地区代表 【男子】山本蒼大(兵庫県)、【女子】橋本苗咲(兵庫県)、南関西地区代表【男子】後藤琉空(大阪府)、岸本唯愛(大阪府)が出場しました。

女子の部は岸本選手が3度目の出場で悲願の初優勝を果たしました!橋本選手も準優勝。2年連続の関西ブロック代表選手による決勝戦となりました。男子の部は山本選手が増田選手と、後藤選手が後藤選手と対戦して初戦敗退でした。山本選手は5年生なのでこの経験を来年に生かし、後藤選手は3年連続代表を誇りに今後も頑張ってほしいと思います。

【全日本少年少女けん玉道選手権大会~文部科学大臣杯~ 結果】

★男子の部

優勝:大川大和(東海地区・6年)、準優勝:馬目隼佑(東東北地区・6年)、第3位:門田晃斉(四国地区・6年)

★女子の部

優勝:岸本唯愛(南関西地区・6年)準優勝:橋本苗咲(北関西地区・5年)、第3位:田崎このか(四国地区・5年)

第32回全日本少年少女けん玉道選手権大会 南関西地区代表選考会

2020年8月22日(土)に大阪市・西成区民センターで第32回全日本少年少女けん玉道選手権大会 南関西ブロック(大阪府、奈良県、和歌山県)代表選考会が行われました。

【全日本少年少女けん玉道選手権大会 南関西地区代表選考会 結果】

★女子の部 参加28名 予選通過ライン47点(50点満点)

優勝:岸本 唯愛(高槻城内・6年)、準優勝:丸野 楓佳(北大阪・4年)、第3位:符田 結愛(高槻城内・6年) / 山本 瑠華(大阪道場・5年)、優秀賞:溝端 唯歩(貝塚いぶき・4年) / 伊藤 愛菜(高槻城内・4年) / 北 美海(阿倍野・5年) / 江見 理音(北大阪・2年)

選評:予選は50点満点は2名。決勝は岸本唯愛選手と丸野楓佳選手の対戦。岸本選手が1・3・5種目目で3-0で優勝。予選からノーミスで代表選出を決めた。3年連続の全国出場となった。

 ★男子の部 参加18名 予選通過ライン44点(50点満点)

優勝:後藤 琉空(大阪道場・6年)、準優勝:田宮 優汰(大阪CITY・4年)、第3位:竹中 ヒロト(大阪道場・5年) / 岩田 結仁(生駒・5年)、優秀賞:倉八 渡(貝塚いぶき・5年) / 布井 仁悠(阿倍野・5年) / 木下 優太(高槻城内・6年) / 四宮 楽生(阿倍野・4年)

選評:予選は50点満点2名。決勝は後藤琉空選手と田宮優汰選手。1・2種目目を続けて後藤選手1本をとり、3種目目で田宮選手が1本を返すも、次の4種目目で後藤選手が1本をとり3-1で優勝。予選からノーミスで代表選出を決めた。3年連続の全国出場となった。

優勝者の岸本選手、後藤選手は南関西ブロックの代表として、11月22日(日)に東京・池袋のサンシャイン噴水広場で行われる全国大会に出場。大阪・奈良・和歌山の応援を受けて、代表としての活躍が期待されます。

第32回全日本少年少女 南関西代表選考会 決勝結果.pdf
PDFファイル 37.4 KB
第32回全日本少年少女 南関西代表選考会 予選結果.pdf
PDFファイル 46.2 KB

第32回全日本少年少女けん玉道選手権大会 北関西地区代表選考会

2020年8月22日(土)に大阪市・西成区民センターで第32回全日本少年少女けん玉道選手権大会 北関西ブロック(兵庫県、滋賀県、京都府)代表選考会が行われました。

【全日本少年少女けん玉道選手権大会 北関西地区代表選考会 結果】

★女子の部 参加9名 予選通過ライン27点(50点満点)

優勝:橋本 苗咲(伊丹・5年)、準優勝:榎本 紗奈(伊丹・6年)、第3位:鈴木 茉夢(伊丹・6年) / 榎本 弥音(伊丹・4年)、優秀賞:堀川 実夢(伊丹・5年) / 坂 美沙希(滋賀・3年) / 三笘 彩名(滋賀・6年) / 辻 里菜(滋賀・6年)

選評:予選は50点満点は3名。決勝は橋本苗咲選手と榎本紗奈選手の対戦。橋本選手が2種目目で1本をとり1-0で優勝。伊丹けん玉クラブからは2年ぶりの全国大会の切符を手にした。

 ★男子の部 参加13名 予選通過ライン44点(50点満点)

優勝: 山本 蒼大(伊丹・5年)、準優勝:沼田 和真(姫路・6年)、第3位:原田 旺典(滋賀・6年) / 高橋 蒼生(滋賀・6年)、優秀賞:前田 大己(兵庫・6年) / 片山 創史(滋賀・6年) / 谷 将太朗(滋賀・5年) / 坂 丈ノ介(滋賀・6年)

選評:予選は50点満点2名。決勝は山本蒼大選手と沼田和真選手。3種目目で沼田選手が先に1本先取するも、最終6種目目で山本選手が1本取り返してタイム競技勝負となった。山本選手がこのタイム競技で制して初優勝となった。実力者が満を持して全国大会へとコマを進めた。

優勝者の橋本選手、山本選手は北関西ブロックの代表として、11月22日(日)に東京・池袋のサンシャイン噴水広場で行われる全国大会に出場。京都・滋賀・兵庫の応援を受けて、代表としての活躍が期待されます。

第32回全日本少年少女 北関西代表選考会 決勝結果.pdf
PDFファイル 33.9 KB
第32回全日本少年少女 北関西代表選考会 予選結果.pdf
PDFファイル 34.6 KB