☆  更 新  ☆

【速報・お知らせ・報告】

08/22【速報】第33回全日本少年少女けん玉道選手権大会関西ブロック予選の結果を更新しました。

07/28【お知らせ】第33回全日本少年少女けん玉道選手権大会関西ブロック予選の案内をアップしました。

07/25【速報】わくわく関西けん玉夏まつりの結果を更新しました。

 

【関西のけん玉教室】 

05/10 京都・山城地区 州見台(くにみだい)けん玉クラブのページを作成しました。

【関西のけん玉大会】

04/07 2021年の大会予定を作成しました。

facebookページでも更新しています→「日本けん玉協会関西ブロック

☆  お知らせ  ☆

新型コロナウイルス感染症対策ガイドライン

関西ブロック主催の大会や認定会に参加される方は「新型コロナウイルス感染症対策ガイドライン」をお読みください。当日は健康調査アンケートを1人1枚、印刷・記入いただきご持参をお願いいたします。

新型コロナウイルス感染症対策ガイドライン-JKA関西版0407.pdf
PDFファイル 154.8 KB
健康調査アンケート.docx
Microsoft Word 15.5 KB
健康調査アンケート.pdf
PDFファイル 59.7 KB

☆  速  報  ☆

第33回全日本少年少女けん玉道選手権大会 南関西地区代表選考会

2021年8月22日(日)に大阪市・浪速区民センターで第33回全日本少年少女けん玉道選手権大会 南関西ブロック(大阪府、奈良県、和歌山県)代表選考会が行われました。

【全日本少年少女けん玉道選手権大会 南関西地区代表選考会 結果】

★女子の部 参加20名 予選通過ライン46点(50点満点)

優勝:丸野 楓佳(北大阪・5年)、準優勝:松下 鈴(北大阪・5年)、第3位:山本 瑠華(大阪道場・6年) / 溝端 唯歩(貝塚いぶき・5年)、敢闘賞:北 美海(阿倍野・6年) / 江見 理音(北大阪・3年) / 南谷 真生(北大阪・5年) / 本井 暖乃(摂津第一・6年)

選評:予選は50点満点は1名。決勝は丸野楓佳選手と松下鈴選手の対戦。丸野選手が1・3・4種目目で1本を取って3-0で優勝。予選からノーミスで初の代表選出を決めた。

 ★男子の部 参加17名 予選通過ライン44点(50点満点)

優勝:布井 仁悠(阿倍野・6年)、準優勝:田宮 優汰(大阪CITY・5年)、第3位:岩田 結仁(生駒・6年) / 竹中 ヒロト(大阪道場・6年)、敢闘賞:四宮 楽生(阿倍野・5年) / 宮下 貴幸(北大阪・6年) / 木原 錬人(貝塚いぶき・5年) / 鈴木 凪翔(貝塚いぶき・4年)

選評:予選は50点満点1名。決勝は布井仁悠選手と田宮優汰選手。布井選手が3・4・5種目と連取で3-0で優勝。初の代表選出を決めた。

優勝者の丸野選手、布井選手は南関西ブロックの代表として、11月13日(土)に東京・台東リバーサイドスポーツセンターで行われる全国大会に出場。大阪・奈良・和歌山の応援を受けて、代表としての活躍が期待されます。

第33回全日本少年少女 南関西代表選考会 決勝結果.pdf
PDFファイル 98.6 KB
第33回全日本少年少女 南関西代表選考会 予選結果.pdf
PDFファイル 45.2 KB

第33回全日本少年少女けん玉道選手権大会 北関西地区代表選考会

2021年8月22日(日)に大阪市・浪速区民センターで第33回全日本少年少女けん玉道選手権大会 北関西ブロック(兵庫県、滋賀県、京都府)代表選考会が行われました。

【全日本少年少女けん玉道選手権大会 北関西地区代表選考会 結果】

★女子の部 参加9名 予選通過ライン42点(50点満点)

優勝:橋本 苗咲(伊丹・6年)、準優勝:榎本 弥音(伊丹・5年)、第3位:前田 彩衣(伊丹・5年) / 柿塚 虹芭(滋賀・4年)、敢闘賞:堀川 実夢(伊丹・6年) 長谷川 柚月(滋賀・5年) / 坂 美沙希(滋賀・4年) / 木ノ本 桜加(滋賀・5年)

選評:予選は50点満点は2名。決勝は橋本苗咲選手と榎本弥音選手の対戦。橋本選手が1・3・4種目目1本を取って3-0で優勝。橋本選手は予選からノーミスでの代表選出を決めた。2年連続の全国出場となった。

 ★男子の部 参加7名 予選全員通過

優勝: 山本 蒼大(伊丹・6年)、準優勝:谷 将太朗(滋賀・6年)、第3位:羽田 拓(伊丹・4年) / 大川 貴裕(滋賀・4年)、敢闘賞:金丸 颯斗(滋賀・4年) / 杉本 謙臣(北摂・1年) / 坂 憲伸(滋賀・1年)

選評:予選は50点満点1名。決勝は山本蒼大選手と谷将太朗選手。山本選手が1・2・3種目と連取で3-0で優勝。山本選手は予選からノーミスでの代表選出を決めた。2年連続の全国出場となった。

優勝者の橋本選手、山本選手は北関西ブロックの代表として、11月13日(土)に東京・台東リバーサイドスポーツセンターで行われる全国大会に出場。京都・滋賀・兵庫の応援を受けて、代表としての活躍が期待されます。

第33回全日本少年少女 北関西代表選考会 決勝結果.pdf
PDFファイル 34.6 KB
第33回全日本少年少女 北関西代表選考会 予選結果.pdf
PDFファイル 30.9 KB

わくわく関西けん玉夏まつり2021

7月23日(金・祝)大阪市立浪速区民センターにて開催しました。

20歳以上社会人対象の関西けん玉道サマートライアスロンでは、もしかめ・タイム競技B(三段以上対象)・技部門を得点化して合計点で競いました。中学生以上対象の関西けん玉道サマーチャンピオンは、全日本選手権の技を使用してリーグ戦から決勝トーナメントの形式で試合機会を増やす工夫をしました。

関西けん玉舞台パフォーマンスは、出場団体ごとに1~2つの技を披露しました。わくわく関西けん玉まつりは、ブース形式でけん玉グッズ展示コーナー・級段位認定会・けん玉工作・けん玉色塗り・トライアスロンチャレンジ(もしかめ・タイム競技・技)を開催。上記の大会参加者以外の方も楽しんでいただきました。

関西ブロックは、ブロック長が交代して新体制での大会開催となりましたが一致団結して大会を終えることができました。来場者は大会選手・スタッフ・観客を合わせて136名でした。

【関西けん玉道サマートライアスロン 結果】 5部門合計 参加25名

★マスタークラス 

優勝:阪井茂(大阪CITY)、準優勝:中川和子(松原フレンズ)、第3位:福嶋教代(松原フレンズ)

★準初段クラス 

優勝:下村尚之(高槻城内)、準優勝:千葉昌一(貝塚いぶき)、第3位:北永子(大阪道場阿倍野)

★初・二段クラス 

優勝:岸本憲治(高槻城内)、準優勝:平野和子(大阪道場旭)、第3位:渡邉和宏(このはな広場)

★三・四段クラス 

優勝:戸川夏生(貝塚いぶき)、準優勝:成毛隆(大阪道場松原)、第3位:舘本春美(いこま)

★五段以上クラス 

優勝:工藤正和(たこやき一丁)、準優勝:浦部一成(このはな広場)、第3位:横山享利(大阪道場阿倍野)

 

【関西けん玉道サマーチャンピオン 結果】 参加13名

優勝:尾畠琴真(伊丹)、準優勝:鈴木茉夢(伊丹)、第3位:鷲尾英政(伊丹)・小霜真央

(北大阪)※3位決定戦は行わないため2名表彰。

 

【関西けん玉舞台パフォーマンス 結果】 参加6団体

★大賞 

団体名:けん玉サークル たこやき一丁、演目:たこやき4丁!!おまたせしました!

★準大賞 

団体名:大阪けん玉道場 阿倍野教室、演目:阿倍野のヒーローアカデミア

★テクニック賞 

団体名:大阪けん玉道場 松原教室、演目:高速もしかめ松原

★アイディア賞 

団体名:高槻城内けん玉クラブ、演目:みんなでできるかな

★ナイスユーモア賞 

団体名:いこまけん玉クラブ、演目:開運・大仏さまがやってくる

★チームワーク賞 

団体名:大阪けん玉道場 住吉教室、演目:住吉ひこうき 住吉ふりけん

☆  報  告  ☆

第3回あをによし奈良けん玉道選手権大会【参加対象:奈良】

3月28日、奈良県生駒市の北コミュニティセンターISTAはばたきにて、第3回あをによし奈良けん玉道選手権大会が開催されました。新型コロナウイルス感染予防の観点から、人数の制限、大きな移動を避けるため、対象者を奈良県内と生駒けん玉クラブの参加者に限定して行いました。

個人戦は11名参加。選手は申し込んだA~Cクラスの技で予選を行い、決勝トーナメントは各自のクラス技で戦うハンデ戦です。また、1回戦敗者でトーナメントを組む「敢闘賞戦」を設け対戦回数を増やし対戦経験を積むことができました。

今回、初めて3人一組での団体戦を行いました。カードで6チームに組分けました。阪井先生の進行で、あをによしの技で10回戦。励まし合ったり、交流が深まる時間になりました。けん玉じゃんけんやお楽しみゲームなど内容盛りだくさんで行なわれました。

【第3回あをによし奈良けん玉道選手権大会 結果】

★個人戦 参加11名 

優勝:田仲悠人(技Aクラス)、準優勝:岩田結仁(技Cクラス)、第3位:村田翔(技Bクラス)

★敢闘賞戦 参加5名

敢闘賞:武村奏亮(技Bクラス)

★団体戦 参加18名

優勝:「Cチーム」村田翔、鳩野愛梨、山川舞

準優勝:「NA5チーム」山川陽愛、田中悠人、中田勝仁

第3位:「竜チーム」岩田結仁、川本凌雅、山川結樹       

第19回琵琶湖杯けん玉道選手権大会【参加対象:滋賀・京都】

3月21日(日)草津市立玉川小学校体育館にて開催しました。大会参加は41名でした。

【第19回琵琶湖杯けん玉道選手権大会 結果】

★初級の部(無級~5級) 参加14名 予選通過8名

優勝:柿塚虹芭、準優勝:小野陽向、第3位:金丸楓音

★上級の部(4級~準初段) 参加16名 予選通過8名

優勝:大川貴裕、準優勝:大西悠可、第3位:京本蓮

★段の部 参加11名

優勝:加藤未羽、準優勝:高橋蒼生、第3位:谷将太朗

★匠の部 参加15名 15種目2回ずつ30点満点

優勝:加藤未羽 21点

第19回琵琶湖杯けん玉道選手権大会 結果.pdf
PDFファイル 43.3 KB

第22回ファイナルカップ 大阪市少年少女けん玉道選手権【参加対象:大阪市内】

第8回 大阪市オープンけん玉道選手権【参加対象:大阪市内】

2月23日(火・祝)に大阪市・港区民センターで開催されました。今大会はむすびワークジャパン様、ワークプラス様からご協賛をいただきました。

【第22回ファイナルカップ技部門 結果】参加合計45名
★ちびっこ 参加2名 30点満点競技
優勝:島袋結(28点・大阪道場 阿倍野)、 準優勝:後藤花(21点・大阪道場 旭)
★1,2年生の部 参加9名 50点満点競技
優勝:四宮優楽(48点・1年・大阪道場 阿倍野)、 準優勝:中尾美紀(45点・1年・大阪道場 阿倍野)、第3位:竹本こはる(40点・2年・このはなけん玉広場)
★級の部 参加21名 予選通過ライン42点
 優勝:坂東初妃菜(5年・明治小)、準優勝:小畑姫星(4年・このはなけん玉広場) 、第3位:布井友陽(3年・大阪道場 阿倍野)

★段の部Ⅰ 参加6名 予選通過16名のため全員通過
優勝:植山ラティーフ孔明(4年・大阪道場 松原)、準優勝:石塲結衣歌(5年・このはなけん玉広場)、 第3位:栗田直幸(4年・大阪道場 住吉)
★ 段の部Ⅱ 参加7名 予選通過16名のため全員通過
優勝:川本凌雅(3年・大阪道場 旭)、 準優勝:岩田結仁(5年・生駒)、 第3位:後藤琉空(6年・大阪道場 旭)
【第22回ファイナルカップもしかめ部門 結果】
★低学年の部
優勝:四宮優楽(7分12秒・1年・大阪道場 阿倍野)、 準優勝:竹本こはる(4分36秒・2年・このはなけん玉広場)、 第3位:中尾美紀(1分38秒・1年・大阪道場 阿倍野)

★中学年の部
優勝:川本凌雅(1時間・3年・大阪道場 旭)、 準優勝:布井友陽(37分41秒・3年・大阪道場 阿倍野)、 第3位:植山ラティーフ孔明(27分57秒・4年・大阪道場 松原)
★高学年の部
優勝2名:山本瑠華(1時間・5年・大阪道場 旭)、北美海(1時間・5年・大阪道場 阿倍野)、 第3位:後藤琉空(35分14秒・6年・大阪道場 旭)
【第8回大阪市オープン 結果】参加17名
優勝:鳩野愛梨(五段・大阪道場 旭)、 準優勝:𠮷田晴貴(五段・大阪道場 住吉)、 第3位:川崎凌駕(五段・大阪道場 旭)

第7回滋賀県少年少女けん玉道選手権大会【参加対象:滋賀の小学生】

2月21日(日)草津市立志津小学校体育館にて開催しました。大会参加46名、審判・スタッフ10名。大会名物の滋賀県とめけん記録に挑戦は「61名」が成功(最高記録は2020年の73名)しました。

【第7回滋賀県少年少女けん玉道選手権大会 結果】

★上級の部 参加26名 予選通過16名 通過ライン21点(30点満点)

優勝:原田旺典(長等小6年)、 準優勝:片山創史(金田小6年)、 第3位:谷将太朗(志賀小5年)、高橋蒼生(八幡小6年)

★初級の部 参加20名 優秀賞ライン29点(30点満点)

優勝:湊皆人(30点・志津小4年)、準優勝:木ノ本桜加(29点・金田小6年)、第3位:松石蒼楽(29点・志津小2年)

第7回滋賀県少年少女けん玉道選手権大会 結果.pdf
PDFファイル 38.7 KB

JKA杯2021、JKAJr.杯2021 関西ブロック

今大会は「第37回日本けん玉協会杯争奪戦」「第7回日本けん玉協会杯ジュニア杯争奪戦」の中止に伴い、技や50点満点の競技方法は変えずに各地区主体の大会を開催し、本部にて結果を集計する特別大会となりました。

関西ブロックは2月14日(日)に大阪・西淀川区民ホールで行いました。「JKA杯2021」は中学生以上対象で参加者23名、「JKAJr杯2021」は小学生対象で参加者29名でした。1月31日~3月7日の開催期間を終え、最終結果は下記の通りとなりました。

JKA杯2021は尾畠琴真さんが優勝、新居和夏さんの準優勝、山口美月さんが3位と、伊丹けん玉クラブの選手がベスト3を独占しました。また年代別では石村亮さんが50代1位と練習の成果を発揮しました。

JKAJr杯2021は鈴木茉夢さんが準優勝、山本蒼大さんが3位と、こちらも伊丹けん玉クラブの選手が活躍し、文部科学大臣杯女子の部優勝の岸本唯愛さんは7位入賞を果たしました。また、参加者の約半数が関西ブロックでの出場で、選手数の多さを全国に示す大会となりました。

【JKA杯2021 結果】参加者61名 うち関西ブロック23名 50点満点

優勝:尾畠琴真49点(兵庫県)準優勝:新居和夏48点(兵庫県)第3位:山口美月48点(兵庫県)

関西の入賞者…第8位:鷲尾英政45点(兵庫県)年代別50代1位:石村亮28点(兵庫県)

【JKAJr杯2021 結果】参加者61名 うち関西ブロック29名 50点満点

優勝:山下正仁50点、準優勝:鈴木茉夢49点(兵庫県)、第3位:山本蒼大48点(兵庫県)、加野駿弥48点

関西の入賞者…第7位:岸本唯愛47点(大阪府)第8位:橋本苗咲46点(兵庫県)